弁護士費用はどのくらい?

実際に弁護士へ債権回収を依頼するとどのくらいの費用が必要になるのでしょうか
当然ですが、債権回収に関わる業務一つ一つに費用が発生します。相手に内容証明を送付する費用、調停を行う費用、支払いの督促を行う費用、最終的に強制執行となる費用…どの段階で折り合いが付くか、という点も大切ですが、それらの費用は掛かる可能性がある、と考えておくべきです。強制執行となった場合でも、回収額の何割かを弁護士の報酬として割り当てることになります。弁護士によっては、全体でどのくらいの費用が掛かるか、概算で見積もりを行ってくれるところもありますので、ぜひ利用しましょう。

弁護士に依頼する時は、最初の相談段階で相談が無料のサービスを実施していることもあります。また、依頼する際に基本的に発生することとなる費用、着手金を無料にしている弁護士もいます。それらを活用するなら、当初予想しているよりも弁護士費用を抑えることができるかもしれません。

こういった手続きは、当然ですが自分で行おうとしても費用が掛かります。弁護士に依頼するとなると+αの費用が掛かるわけですが、その分、正確な手続きを行うことができ、さらに債権回収の可能性が高くなることを考えれば多い出費ではないと言えます。