債権が回収不能になる前に

当然ですが、債権者によっては、そもそも債権が不可能になっている場合もあります。そのような場合、いくら弁護士に相談したところで債権を回収することはできません。親族から債権を回収できる場合もありますが、やはり難しい場合が多く、本人の支払い意志がそれらを左右するという点もあります。例えば、本人が破産していたり、死亡していたりすると債権を回収することはできません。法的にも認められていることなので、逆にそれでも債権を回収しようとするとこちら側が罪に問われてしまうでしょう。ですから、本来はそうなる前に、弁護士に相談する、ということ、それも早い段階で行う、ということが必要でしょう。

お金に関する問題はトラブルが起きがちです。特に、貸した、借りた、という関係は表面上約束をしていますが契約書などを交わしていないこともあり、それがトラブルに発展することもあります。たとえ対人間であってもそれが契約であることには変わりありません。私達もそういった意識で、貸借を行うべきであると言えます。

また、『借金』という問題に関して、クレジットやカードローンを使いすぎてしまうなら、自分自身が、債権を支払えない側になることもありますので、注意するべきでしょう。