債権回収の依頼とは

個人間のお金のやり取りは、トラブルが多く発生しやすいことでもあります。本来は契約書を通して正式に貸借関係を結ぶ必要がありますがそういった手順を踏まないと、その金額が大きければ大きいほどトラブルが発生しやすい、と言えます。本来は待てる期間が長引いてしまうと、債務が回収できない、ということになるかもしれません。これは、個人対会社、会社対会社という関係でも起こりうることです。会社が取引先に対して契約を結んでいるのにもかかわらず売掛金の支払いがなされない、そういったトラブルが発生します。

債務が回収できないということは、本人と連絡・交渉ができていない状態です。債務が回収できるめどが立っていませんので、どうすれば良いか分からないこともあります。また相手の所在が全く分からない、という場合もあるでしょう。そういった場合には、債権の回収をあきらめなければならないのでしょうか。いいえ、そのようなことはありません。私達が取れる正式な手段として、弁護士に依頼する、という方法があります。なぜ弁護士に依頼するということが有効なのでしょうか。

それには、確実性があるからです。実際債権回収をしようと思った時、裁判所が関係する手続きが必要になります。そのための書類作成も行わなければなりません。だからこそ、そういった書類作成や交渉などを行ってくれる弁護士に依頼することによって、より回収のものごとを、正確に処理することができます。