債権が回収不能になる前に

当然ですが、債権者によっては、そもそも債権が不可能になっている場合もあります。そのような場合、いくら弁護士に相談したところで債権を回収することはできません。親族から債権を回収できる場合もありますが、やはり難しい場合が多く、本人の支払い意志がそれらを左右するという点もあります。例えば、本人が破産していたり、死亡していたりすると債権を回収することはできません。法的にも認められていることなので、逆にそれでも債権を回収しようとするとこちら側が罪に問われてしまうでしょう。ですから、本来はそうなる前に、弁護士に相談する、ということ、それも早い段階で行う、ということが必要でしょう。

お金に関する問題はトラブルが起きがちです。特に、貸した、借りた、という関係は表面上約束をしていますが契約書などを交わしていないこともあり、それがトラブルに発展することもあります。たとえ対人間であってもそれが契約であることには変わりありません。私達もそういった意識で、貸借を行うべきであると言えます。

また、『借金』という問題に関して、クレジットやカードローンを使いすぎてしまうなら、自分自身が、債権を支払えない側になることもありますので、注意するべきでしょう。

弁護士費用はどのくらい?

実際に弁護士へ債権回収を依頼するとどのくらいの費用が必要になるのでしょうか
当然ですが、債権回収に関わる業務一つ一つに費用が発生します。相手に内容証明を送付する費用、調停を行う費用、支払いの督促を行う費用、最終的に強制執行となる費用…どの段階で折り合いが付くか、という点も大切ですが、それらの費用は掛かる可能性がある、と考えておくべきです。強制執行となった場合でも、回収額の何割かを弁護士の報酬として割り当てることになります。弁護士によっては、全体でどのくらいの費用が掛かるか、概算で見積もりを行ってくれるところもありますので、ぜひ利用しましょう。

弁護士に依頼する時は、最初の相談段階で相談が無料のサービスを実施していることもあります。また、依頼する際に基本的に発生することとなる費用、着手金を無料にしている弁護士もいます。それらを活用するなら、当初予想しているよりも弁護士費用を抑えることができるかもしれません。

こういった手続きは、当然ですが自分で行おうとしても費用が掛かります。弁護士に依頼するとなると+αの費用が掛かるわけですが、その分、正確な手続きを行うことができ、さらに債権回収の可能性が高くなることを考えれば多い出費ではないと言えます。

債権者が抱える債権

実際に債権者がどのくらいの債権を抱えているかという点も重要ですが、それが果たして本当に債権回収が可能なのかという点も考えなければなりません。中には、本人が自己破産していたり、死亡していたりする場合など、物理的に、または法的に債権が回収できないような状態に陥ることがあります。債権は時効によっても期間を過ぎることがありますが、そのケースは稀でしょう。どちらにしても、回収できていない債権を回収したいのであれば、手続き等はできるだけ早めに行うことに、越したことはないということです。

そもそも、そのような債権が回収できないような状況に陥ってしまう前に相談する必要があると言えます。多額の債権を回収できないとなると大きな損失となります。相続放棄している場合など、親族にも債権を回収できない場合があります。そこまでになる前に、相談した方が良い、と提案しているのです。

実際に最近では、そのように少額からお金の使い方を実際に覚えておき、今後に生かそうとすることによって、債権を回収できている場合もあります。ただしこれらの方法は当然ではないので私達はまずどのくらいの債権回収が可能なのか、という点を考えておく必要があります。

債権回収の依頼とは

個人間のお金のやり取りは、トラブルが多く発生しやすいことでもあります。本来は契約書を通して正式に貸借関係を結ぶ必要がありますがそういった手順を踏まないと、その金額が大きければ大きいほどトラブルが発生しやすい、と言えます。本来は待てる期間が長引いてしまうと、債務が回収できない、ということになるかもしれません。これは、個人対会社、会社対会社という関係でも起こりうることです。会社が取引先に対して契約を結んでいるのにもかかわらず売掛金の支払いがなされない、そういったトラブルが発生します。

債務が回収できないということは、本人と連絡・交渉ができていない状態です。債務が回収できるめどが立っていませんので、どうすれば良いか分からないこともあります。また相手の所在が全く分からない、という場合もあるでしょう。そういった場合には、債権の回収をあきらめなければならないのでしょうか。いいえ、そのようなことはありません。私達が取れる正式な手段として、弁護士に依頼する、という方法があります。なぜ弁護士に依頼するということが有効なのでしょうか。

それには、確実性があるからです。実際債権回収をしようと思った時、裁判所が関係する手続きが必要になります。そのための書類作成も行わなければなりません。だからこそ、そういった書類作成や交渉などを行ってくれる弁護士に依頼することによって、より回収のものごとを、正確に処理することができます。